VC.NET ~ atoi/itoa系はConvertクラスにお任せ

前置き

.NETでatoiやitoa相当の処理を書きたいなら、System::Convertクラスがオススメです。他の方法もありますが、特に理由が無いならSystem::Convertを使っておいた方が統一感が出て良いような気がします。

本文

atoi系の処理

変換先に応じて、Convert::ToInt32()、Convert::ToByte()、Convert::ToDateTime()などが使えます。特に、"0xab"のような16進表記にも対応しているので便利です。

int a = Convert::ToInt32("123");            // 123
int b = Convert::ToInt32("0xab", 16);       // 171
int c = Convert::ToInt32("cd", 16);         // 205
int d = Convert::ToInt32("0011", 2);        // 3
Byte e = Convert::ToByte('a');              // 97
DateTime f = Convert::ToDateTime("2012-05-21 07:21:11");  // 2012-05-21 07:21:11

itoa系の処理

Convert::ToString()を使います。やはり基数指定をサポートしています。

Console::WriteLine(Convert::ToString(123));      // 123
Console::WriteLine(Convert::ToString(123, 2));   // 1111011
Console::WriteLine(Convert::ToString(123, 16));  // 7b
Console::WriteLine(Convert::ToString(Convert::ToByte('a')));    // 97

もっと複雑な書式化が必要な場合は、String::Format()を使いましょう。

Last modified:2012/05/10 21:17:38
Keyword(s):
References:[.NETアプリ開発]
This page is frozen.